読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える葦

日々の記録。

『カーネーション-NELKEN』

3月17日(金)

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

カーネーション-NELKEN』@彩の国さいたま芸術劇場

 

言葉が上手くまとまらない。
ほんとうによいものを観た時にひとは言葉を失うし、その時に必要なのは言葉じゃない気がする。言葉にするだけが理解したり感動したことになるとは限らない。しかし私は記録したいから言葉を探す。

舞台関係に強くない私でもピナ・バウシュという存在が舞台芸術において偉大な人物であるということは言うまでもない。

しかし、私にはピナ・バウシュの世界観を上手く受け取めるだけの器がまだないと感じた。簡単にわかってしまうことほど危ないことはない。特にピナバウシュの舞台に関しては。

 何千本かの濃いピンクと薄いピンクのカーネーションが一面に咲いた舞台をダンサーたちは初めは傷つけないように次第に気にせずにその中で歩いたり踊ったり、そのひとつひとつの景色が美しくて写真に残したい衝動に駆られる。

何かで読んだ文章に「心の中のシャッターを切る」という文章があって、まさにあの瞬間、その言葉を借りるならば心の中のシャッターを私は何度も切っていた。

断片的に思い出す場面の数々も天才的だった。

片言の日本語でダンサーたちが話す

 男性が女性用のドレスを着て走り回る

 犬が吠える

ダルマさんが転んだ

段ボールの城を組み立てる

玉ねぎを切る

香料スプレーを吹きかける

女性の座る机の前に次々と倒れ迫る男性たち

 半裸の女性が胸を隠すように胸元でアコーディオンを弾く(これが神秘的でほんとうに綺麗だった)

男性ダンサーが「なにが見たい?」と次々と難易度の高いバレエの技を披露する

 

この舞台の副題は「愛について、なにか話して」様々な愛の形を社会の問題定義と共に語りかける。ピナ・バウシュのユーモアが満載。

きっといろんなメッセージが隠されているのだろうけど。とりあえずは目の前の起こっていることを感じる。

 

私が感じた違和感。会場で笑いが起こる場面が何度かあって、自分は何が可笑しいのかわからない。

自分の感覚のズレ?人が笑っているから自分も笑わないとおかしい?なにが可笑しいのかわからないけどとりあえず笑う?居心地の悪い感覚を味わう。

誰がどんな風に何を感じるのかも自由だ。

ピナ・バウシュの舞台にはきっと答えがない。

観た人に考えさせる余地を与える。

その感覚が厳しくも優しいと感じる。

あなたはどう考えるか?

あなたはどう感じたか?

大事なのは他人の意見ではない。

 

最後、春夏秋冬を表す振りを会場にいる全員で踊った。すごい鳥肌が立った。会場全体に平和で幸福な雰囲気が漂っていた。大勢で同じ気持ちを共有して同じことをすることがこんなにも感動するとは。

 

この演目がいまから35年も前に上演されていたという驚きと、ピナ・バウシュ亡き現在もこうして継承されていているという事実が嬉しい。それでいて未だに高い評価を得ているということが何よりの救いだと思う。素晴らしかった。一生忘れたくない。

f:id:nmnlxnmnl162:20170325152810j:image