読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考える葦

日々の記録。

最近のこと。

12月9日(金)
急遽誘ってもらってダイヤモンドホールへceroのライブに行く。私が聴きたいと思っていた曲はすでに過去の曲になっていたのが切ない。最近のceroを全く聴いてなかったので半分ついていけず、アップデートしそびれた感が否めない。ceroのステージは眩しかった。

MCで興味深かったこと。SNSで皆がいろいろ書いちゃうからMCでほんとに面白いこと何にも言えないって言ってた。時代だな〜。楽しさを共有できるのはSNSの良いところでもあるけど、共有することがその場だけで完結できなくなっている現状。どうなの?


12月14日(水)
FNS歌謡祭 2夜目を見た。
そもそもFNSを見ることになったのがSHINeeという韓国のアイドルグループが出演するからで、妹はSHINeeの超オタクなのでリアルタイムで久しぶりにTVを見る。(普段はほぼ録画したものを見る)

FNSといえばホテルで盛大にアーティストがアーティストを見る姿を視聴者が見られるのが醍醐味だったはず。しかしなぜか今年は2夜に分けられ、2夜目はスタジオからの放送。もちろんアーティストがアーティスト見るのもなし。FNS感がないなーとかずっとぼやく。

FNSを見ていてると日本の音楽業界の縮図がよく分かる。EXILE一族とAKBグループのアイドルとジャニーズで成り立っていることがひしひしと伝わるラインナップにたまにKREVAと三浦大和とかすごいのがきて上がる。山下達郎の名曲「クリスマスイブ」をコラボしてた。良い。

あと星野源
前日にすれ違った女子高生たちが「明日は源さん見ないと!」と言い合っていたのが衝撃的で時代は変わったんだとそこで悟る。星野源が好きだったけど好きじゃなくなったみたいな流れはもうやめにする。いいものはいいし、いいものを作り続けてきて、このタイミングでやっと正当に評価されたんだからこんなに喜ばしいことはない。歌もダンスも演技もできて、文才もある。それでいて親しみのあるキャラクター。モテない訳がないし売れない訳がない。私は星野源の才能や変態でばかばかしい所が好きだったんだと思い出した。

FNSで1曲目に歌った「くせのうた」も朝の電車で聞いてどれほど癒されたことか。星野源は朝がいい。

肝心のSHINeeは「Everybody」という間違いない曲をもってきた辺りが彼らは勝負しにきてる。なぜか妹が緊張していて、ここまでのめり込めるアイドルがいるというのはある意味すごい。妹曰く衣装、メイク、曲選びまでこの日は完璧に揃った無敵のSHINeeだったそうな。
この曲のダンスの振りは奇天烈でダンスが上手くない人がやったら完全にダサいやつなんだけどキレキレのダンスで地面から起き上がる入りから曲終わりの倒れるまでの完璧なパフォーマンスお見事。